1. HOME
  2. よなごしんきんについて
  3. CSR活動
  4. 地域密着型金融の取組み状況
  5. 地域密着型金融の取組み状況(平成22年4月~23年3月)

地域密着型金融の取組み状況(平成22年4月~23年3月)

 
1.地域の面的再生への積極的参画

地域の電子商品券を活用したポイントカード制度の導入

取組みの動機・経緯

よなごしんきんポイントカード
取引成約時の記念品など既成のプレゼント品を見直し、地元スーパーの買い物に利用可能な電子商品券を利用して、取引に応じてポイントを付与して商品券と交換し、地元スーパーに消費者を誘引して売り上げ増加と地域の活性化を図りました。
 取組みの内容
当金庫が業務提携する信販会社が発行する電子カードの機能を利用して、お客様の取引実績に応じて贈呈する品物の代わりに、取引実績に応じてポイントを付与し、貯まったポイントは加盟店での買い物に使えるポイントカード制を導入しました。
預金の預け入れ毎などにポイントを付与して、貯まったポイントを商品券に交換し、地元中海圏域で営業展開するスーパー3社、30店舗で利用できる仕組みで、今後はポイントの対象を住宅ローンや年金振込にも拡大させて、加盟店も増やしていく予定です。

成果・効果

【相手にとっての成果】

既成の販促グッズを粗品として利用しても、地域や取引先企業に還元することは困難でしたが、業務提携の信販会社や、地元スーパーなど納入業者の振興に貢献しお金の地産地消が可能となります。

【当金庫にとっての成果】

ポイントの付与が取引の動機につながり、取引先業務提携会社の経営支援にも結びつきます。

平成23年3月までの評価及び今後の課題

【評価】

ポイントカード利用者の関心は高く好評です。

【今度の課題】

加盟店が地元スーパーだけであるため、普及利用拡大を図るためにも加盟店を増やすことが必要です。

適合高齢者専用賃貸住宅事業を活用した中心市街地活性化事業への参画

取組みの動機・経緯

ドーナツ化が進む中心市街地に賑わいを取り戻すために、「米子市中心市街地活性化基本計画」において「中心市街地の居住を促進する地域」として指定された地域内で計画された事業に地元金融機関として金融面で参画して、ファイナンススキームを組み立てる必要が生じました。

取組みの内容

サブリース手法を使った仕組みを運営する保証会社の家賃保証制度を採用して、責任財産を当該物件およびそれに付帯する財産権・請求権に限定したノンリコースローンを利用し、地元の地方銀行と連携してシンジケートローンを組成しました。
 
総事業費 7.8億円
資本金 1.2億円
シ・ローン 6億円(1/2ずつ対応)

成果・効果

【相手にとっての成果】

平成23年4月竣工し募集開始に至りました。6月30日現在で入居者数25戸(33.8%)[計画18戸(25%)]
今回の事業の成功を受けて、中心市街地において2号館、3号館の計画が進行しており、遊休地の効果的な活用が期待されます。

【当金庫にとっての成果】

新たなファイナンスのスキームを使った手法を構築することができ、今後の同様なケースで活かせるノウハウを培うことができました。

平成23年3月までの評価及び今後の課題

【評価】

ファイナンススキームをアレンジメントする過程で地元地方銀行と連携を図り、地域の活性化に欠かせない情報の共有化を図ることができました。

【今後の課題】

中心市街地の活性化を目指す地元の事業はいずれも小資本でデット側のウエイトが高くならざるを得ず、金融機関側からの保全面や期間面での負担が大きくなるのが課題です。

生活充実都市 米子

出典:米子市中心市街地活性化協議会

 

2.顧客企業に対するコンサルティング機能の発揮

M&Aによる事業承継

取組みの動機・経緯

メイン取引先の代表者より、自身に代わる次代の経営者たるべき人材がいないため、事業の継続性に不安を感じているとの相談を受け、事業の継続制を高める一つの方法としてM&Aによる事業承継を提案しました。

取組みの内容

当金庫がM&Aのアレンジャーとなり、買収企業の選定に当たりました。適法なM&Aを完遂するために、弁護士・税理士・司法書士との連携を強化し、企業評価、契約書類の作成など諸手続きを行いました。
従業員の継続雇用などを買収条件として買い手企業との調整を進め、最終的に両者の希望に合致した契約の締結に至りました

成果・効果

【相手にとっての成果】

M&Aによって若手の経営者と経営を交替し、従業員の雇用を維持しなが持続成長が可能な企業として存続できました。

【当金庫にとっての成果】

メイン取引先企業の事業継続可能性を高め、地域の雇用を守ることができました。
M&Aの成功報酬、買収資金のファイナンスの他、M&Aのノウハウを蓄積することができました。

今後の課題

【今後の課題】

次の成功事例を作り上げていきます。