1. HOME
  2. よなごしんきんについて
  3. CSR活動
  4. 地域密着型金融の取組み状況
  5. 地域密着型金融の取組み状況(平成19年4月~20年3月)

地域密着型金融の取組み状況(平成19年4月~20年3月)

 
ライフサイクルに応じた取引先企業の支援強化

中心市街地での創業支援による商店街の活性化

商店街創業相談窓口

取組みの動機・経緯

全国的に空洞化が進む中心市街地ではあるが、一方では昔ながらの雰囲気に惹かれて出店を希望する若者も増えている。こうしたニーズに対応するため、「まちづくり」を通じて地域活性化に寄与すべく、米子市、境港市それぞれの中心部に位置する本町支店と境港支店に中心市街地での創業を支援する「商店街創業相談窓口」を19年5月に開設した。

 

取組みの内容

本町、境港両支店に「商店街創業相談窓口」を設置し、当金庫がコーディネーターとなり、事業主を事業計画や資金面で支えている。創業意欲の旺盛な若手起業家は、資金面だけでなく、情報や経営ノウハウの提供も望んでおり、地域金融機関ならではの人のつながりや情報網を生かし、ワンストップでのサービスの提供を目指している。

成果・効果

創業・新事業支援融資実績

19年度実績 件数 金額(百万円)
新規開業貸付・創業者支援資金 15 105
新分野進出貸出 4 91
経営革新貸付 2 25
合計 21 221

商店街創業相談窓口での成約状況

19年度実績 件数 金額(百万円)
本町支店 12 59
境港支店 4 63
合計 16 122

評価及び課題

地域での情報を共有するために、「まちづくり連絡会」をはじめ、信用保証協会等各方面との連携を深め、積極的な取組みを行なってきた。今後は、さらに地域活性化に通じる多様なサービスができるよう、コンサルティング能力の強化やビジネスマッチング等を活用した支援を推進していく予定。

事業価値を見極める融資手法をはじめ中小企業に適した資金供給方法の徹底

担保・第三者保証不要のビジネスローン

取組みの動機・経緯

不動産担保や個人保証への過度の依存は、地域での情報を生かし、取引先企業の事業価値を見極めて融資を行うという地域密着型金融が本来目指す融資の姿と相違し、金融仲介機能の低下につながる恐れがあるため。

取組みの内容

中小企業者の経営に必要な資金を円滑に供給するために、信用保証協会等と連携し、個人保証に過度に依存しない融資に取組んでおり、担保・第三者保証不要のビジネスローン2商品を推進している。

  • 「ビジネスプライムローン」(信用保証協会保証)
  • 「ビジネスドリームローン」(オリックス保証)

成果・効果

19年度の新規実績 件数 金額(百万円)
ビジネスプライムローン 20 146
ビジネスドリームローン 54 1,402
合計 74 1,548

評価及び課題

地域での情報を共有するために、商工会議所、商工会をはじめ信用保証協会等各方面との連携を深め、積極的な取組みを行っている。
今後は、更に職員の目利き能力の向上を図ると共に、保証協会、信金中金等と連携した動産担保融資の導入により資金供給の裾野拡大を図っていく。

地域の情報集積を活用した持続可能な地域経済への貢献

「まちづくり連絡会」を活用した産官学金連携

取組みの動機・経緯

地域活性化フォーラム

当金庫は、平成19年4月「まちづくり」をメインテーマとした社会貢献方針を地域に向けて発表した。その中で「人間力」「情報力」「組織力」の不足を地域の課題として捉えて、次にあげる施策を実行に移した。

 

取組みの内容

「まちづくり」に関して信用金庫が公共的な立場から行った提言に呼応して多くの機関が参加した取組みとなった。今まで各機関が独自で行っていた活動を連携して行うことを目指している。

  1. まちづくり連携協定締結・・「組織力」の強化を目的として米子市、米子高専、米子松蔭高校などと連携協定を結んだ。
  2. まちづくり連絡会の開催・・「情報力」の強化を目的として当金庫に事務局を置き、行政機関、商工団体、教育機関などとともにまちづくり連絡会を開催している。昨年度は、“若者にとって魅力あるまち”をテーマに5回の連絡会を実施した。
  3. 商店街創業相談窓口の設置・・「情報力」の強化を目的として商店街に隣接する2支店に創業を目指す起業家のための窓口を設置した。資金面のサポートのみならず空き店舗情報の提供、ビジネスマッチングなども行っている。

成果・効果

まちづくり連絡会では、地域で活躍する起業家などとの意見交換や参加教育機関の学生によるディスカッションなどを行った。活動の総括として「地域活性化フォーラム」を開催し、200人以上が来場した。フォーラムでは、学生たちによるパネルディスカッションを実現させ「人間力」の強化に向けての第一歩となった。
また、商店街創業相談窓口では、物販・飲食業を中心に中心市街地での創業及び出店を目指す相談が数多く寄せられており、出店に結びついている。

評価及び課題

一連の「まちづくり」への取組みにより、地域活性化に向けた枠組みはほぼできあがってきた。今後、これらの枠組みを活用することが課題である。
現在、まちづくり連絡会では、「金融教育プロジェクト」「MACHI 塾」の2つのプロジェクトが進行中であり、連絡会の継続的な実施とともに取り組んでいく。また、商店街創業相談窓口を活用して商店街における新たな創業活動を支援する。

KIHACHI OKAMOTO PROJECT支援(特定非営利活動法人喜八プロジェクト)

取組みの動機・経緯

KIHACHI祭り in 米子

このプロジェクトは、米子市出身の映画監督故岡本喜八氏を象徴として地域の活性化を図ろうとする民間主導の取組みである。
平成18年6月当金庫が運用する地域活性化ファンドチャレンジ21へ支援の要請がありビジネスモデルのブラッシュアップサポートを行っている。

 

取組みの内容

任意団体としてスタートしたプロジェクトであるが、平成19年5月特定非営利活動法人喜八プロジェクトを設立し、継続的に地域活性化に取り組む体制を整えた。当金庫は、NPO法人設立に際して地元企業9社とともにオフィシャルスポンサーとなりプロジェクトに参画した。
喜八プロジェクトでは、米子高専の学生がデザインした活動支援自動販売機事業を展開しており、当金庫も敷地内に自動販売機を設置して活動を支援している。
また、平成19年11月3-4日米子市中心市街地商店街にある複数の施設を会場として「KIHACHI祭りin米子」を開催した。鳥取県芸術文化祭実行委員会の企画した「県民企画アートチャレンジ事業」の一環として実施されたものであり、当金庫も企画・運営面でのサポートを行った。

成果・効果

「KIHACHI祭りin米子」は、ボランティア参加したプロジェクトメンバーを中心に米子市内7会場を舞台に14のイベントを実施した。若者の表現活動を応援し、商店街や米子の良さを再発見してもらう企画であったが、1000人以上の来場者を集めた。
このイベントにあわせ東京からのツアーを実施して約30人の参加者があった。

評価及び課題

このプロジェクトは、元気のあった頃の米子人の気質を「DARAZ」(ダラズ)と捉え、「DARAZ」スピリットを広めることにより、米子に再び元気を取り戻そうとする活動を展開していている。今後、プロジェクトのキーワードである「DARAZ」を地域ブランドとして育成することを計画している。米子を代表する地域ブランドとして「DARAZ」を定着させ、この地域の産業、観光、農林漁業などの振興に活用することを目指している。