1. HOME
  2. よなごしんきんについて
  3. CSR活動
  4. 地域密着型金融の取組み状況
  5. 地域密着型金融の取組み状況(平成21年4月~22年3月)

地域密着型金融の取組み状況(平成21年4月~22年3月)

 
1.ライフサイクルに応じた取引先企業の支援強化

擬似私募債の引受けによる創業支援

取組みの動機・経緯

ビジネス評価委員会
当地では事業所数・従業員数が減少の傾向にあり、中心市街地ではその傾向が顕著になってきています。
地域の活性化のためには、起業、創業の支援をしていくことが重要であり、起業、創業の意思のある事業家にインセンティブを与えるため、「地域活性化ファンド チャレンジ21」と銘打ち、擬似私募債の引受けによる支援制度を創設しました。
 

取組みの内容

NPO法人が設立した、中心商店街の空き店舗を活用したビジネスインキュベーター会社と、そのインキュベーションスペースに入居する、当地初のコミュニティFM放送局のビジネスプランのブラッシュアップを行ない、投資実行しました

成果・効果

若者の発想でまちづくりを行なうNPO法人に参加し、NPO法人が行なう事業のブラッシュアップをしてまちづくり会社を設立、地域情報を発信するコミュニティFM放送局の設立を支援して開業まで持ち込むことができました

擬似私募債 地域活性化ファンド引受け件数

21年度実績 件数 金額(百万円)
チャレンジ21 2 10


平成22年3月までの評価及び今後の課題

地域の活性化を目指す起業家に対するファンドの認識度はだんだんと高まってきましたが、投資件数はまだ低調なのが現状です。今後は、商店街創業相談窓口での周知活動や、投資実行先の事業推移のモニタリングが必要であると考えています

 

事業再生保証制度を利用したDIPファイナンス

取組みの動機・経緯

平成18年9月に民事再生申立てを行い、平成21年2月に再生計画が認可された企業に対して、その再生計画の実現可能性に着目、計画の実行により事業再生の可能性は高いと判断して、短期必要資金について融資対応を行いました。

取組みの内容

再生計画の実現可能性について検証し、島根県信用保証協会との連携を図り、事業再生保証制度を活用することで同社の信用を補完して融資対応を行いました。


成果・効果

法的整理開始後の企業に対しては、債権者である取引金融機関からの金融支援打ち切りや、取引業者との取引条件変更などにより、再生可能性がある企業であっても資金繰りが繁忙となる場合が多くあります。
当該企業も再生計画は実現性が高いものでしたが、仕入れ資金の現金決済等、取引条件悪化により工事の受注も制限される状況でした。
本件の取組みにより、資金調達枠を広げることが可能となり、資金繰りが改善されました。また、法的整理後も金融機関が融資対応を行なった実績によって、同社の対外的な信用度も向上しました。

平成22年3月までの評価及び今後の課題

本件の取組みにより同社の資金調達方法が増え、資金繰りはより安定しました。また、当金庫としてもDIPファイナンスの実行例として今後に活かせる実例となりました。
今後は、再生計画による事業再生の実現可能性や、その実行状況を十分に検証し、都度個別の案件として審査する必要があります。

2.事業価値を見極める融資手法をはじめ中小企業に適した資金供給手法の徹底

宝石・貴金属を担保としたABL融資

取組みの動機・経緯

宝石貴金属の卸売り業者から、仕入れ資金支払等を短期資金で借入れしたい旨の申し出がありました。宝石貴金属業界では資金回収期間が他業種と比較して長期であることから、短期資金需要は恒常的に発生するケースが多く、これに対応するために当座貸越を開設し、資金繰りの円滑化を図ることを提案しました。

 

取組みの内容

同社が保有する宝石貴金属の商品在庫は、本社金庫で一元管理されており、担保として有効に利用できる点に着目。
これを譲渡担保として取得し、信用保証協会の流動資産担保融資保証として当座貸越を開設しました

成果・効果

根保証の当座貸越で対応したことにより、短期の資金需要にスムーズに対応できるようになり、資金繰りが改善しました。
また、不動産担保に拠らない融資手法により、資金調達手段が増えたことも同社にとってはメリットとなりました。
当金庫としても、保証協会の保証を得ると同時に、譲渡担保による債権保全が図られ、リスクを最小限に抑えることが可能になりました。また、融資実行後も定期的に在庫資料等提出を求めることにより、企業の業況把握が図られ、取引深耕に繋がりました。

平成22年3月までの評価及び今後の課題

不動産担保に依存しない融資手法により、同社が必要とする資金対応が可能となりました。
今後は、在庫の状況を定期的にチェックし、担保の状況を把握する必要があります。

3.地域の情報集積を活用した持続可能な地域経済への貢献

ビジネスフェアの開催によるビジネスマッチング

取組みの動機・経緯

ビジネスフェア

信用金庫は、取引先から単に金融面だけでなく販路拡大などの売上増加につながる支援を期待されるようになってきました。しかし、単独の金融機関だけでは困難な面もあり、広域的に連携できる信用金庫のネットワークを活用したビジネスマッチングフェアの開催が必要になりました。

 

取組みの内容

3月19日~3月20日に、米子市で鳥取県、島根県に本店がある6つの信用金庫が合同で第1回山陰しんきんビジネスフェアを開催、米子信用金庫が事務局を担って「食」に関わる企業による展示商談会を行ないました。

成果・効果

出展企業99社(米子信用金庫23社)、個別商談バイヤー企業22社、フリー商談バイヤー企業185社の参加があり、総商談件数1,766件、当日取引成立件数37件、継続商談件数373件ありました
1日目は商談会が中心で、2日目は一般消費者に向けた試食販売を行ないましたが、同様なフェアが当地で開催されるのは他にも例がなく、2日間で6,289人の来場があり山陰の「食」を地元の消費者にアピールすることができました。また、開催地の金庫としても地域に大いにPRすることができたと考えています。
また、首都圏や山陽方面などの他地区への販路拡大ばかりでなく、山陰地区内の企業同士の交流も図ることができ、これに対してはアンケートでも好意的な評価が多く、引き続きの開催を求める意見が寄せられました。
さらに、開催を通じて参加企業との深耕も深まりました。

平成22年3月までの評価及び今後の課題

出展の準備で、営業店が取引先を支援していくことにより、金融面以外においても信頼関係を醸成することができました。
今後は、次回のフェアについてのコンセプトを明確にし、開催の準備を行なう予定です。


商店街創業相談窓口を活用した中心市街地の再生支援

取組みの動機・経緯

当金庫の本店所在地「米子市」は鳥取県西部圏域の中心都市として発展し、中心市街地には山陰の商都と呼ばれるほどの商業施設の集積が見られていました。しかし、モータリゼーションの進展などで公共、商業施設などの郊外立地が進むなかで中心市街地が衰退し、空洞化が進行しています。
 

取組みの内容

空き店舗を有効的に活用するために、中心商店街と隣接する店舗に「商店街創業相談窓口」を設置し、中心市街地での起業、創業を目指す事業者を支援していますが、加えて産学官が連携し組成した中心市街地活性化協議会に参加し、連携を図り一体となって新規開業の支援を図りました

成果・効果

米子市中心市街地活性化基本計画において、中心商店街に新たな動線を構築することにより、集客力の強化と回遊性の向上を図ることを目的とする事業エリアを、「にぎわいトライアングルゾーン」と位置づけていますが、この商店街で平成22年3月、にぎわいづくりを目指した3つの商業拠点施設が同時オープンしました。
この3施設とも当金庫が情報を提供し、当金庫のコンサルティング機能をフルに活用し開業に至ったもので、中心市街地で起業、創業を目指す若者に対するアナウンス効果もあり、今後、創業相談件数の増加が期待できます。

平成22年3月までの評価及び今後の課題

まちづくりに関して、行政と商工団体との連携が図れており、情報の共有もできています。
現在、中心市街地の活性化事業の取組みは商業が中心で推移していますが、今後は居住者を支援する事業への取組みが必要であると考えています


生活充実都市 米子

出典:米子市中心市街地活性化協議会