1. HOME
  2. よなごしんきんについて
  3. CSR活動
  4. 地域密着型金融の取組み状況
  5. 地域密着型金融の取組み状況(平成23年4月~24年3月)

地域密着型金融の取組み状況(平成23年4月~24年3月)

 

第2回山陰しんきんビジネスフェアの開催

取組み内容

よなごしんきんポイントカード
鳥取・島根に本店を置く6つの信用金庫がスクラムを組み、松江市内の会場に地元の食に関わる中小企業者を一同に集めて、販路の拡大や、地元の「食」を消費者にアピールする目的で第2回山陰しんきんビジネスフェアを開催しました。
今回は、スムーズに商談を進め、成約率を高めるために、バイヤー目線に立った「商品エントリーシート」のフォーマットを作成、予め参加予定のバイヤーに送付してから当日の商談会に望みました。
 

成果・効果

山陰両県の信用金庫の取引先106社が参加、うち当金庫からは26社が参加して企業向け商談会と一般消費者向け展示即売会が行なわれました。企業向け商談会では、県内外から招いた大手バイヤー26社と出展企業との間で事前に意向を調査してセッティングした個別商談が行なわれ、各ブース商談343件(フリー商談含む)中、36件成約、136件継続中となっております。
【来場者数】
1日目:約500人
2日目:約7,500人



営業店管理支援チームの立ち上げ

取組みの内容

営業店が抱える問題点を解決に導いたり、お取引先の経営改善指導をスムーズに進めるため、地域振興部と審査管理部が連携して営業店をバックアップする体制を整えました。定例的に地域振興部、審査管理部による支援チームが営業店を臨店、あるいは営業店の担当者と直接お取引先に出向き、営業店のマネジメント業務のアドバイスや、お取引先の経営改善を図るためのコンサルタント業務を行いました。
また、支援体制を強化するために、地域振興部と営業店がお取引先と定例会をもち、経営改善計画の作成および、進捗状況のチェックなど経営改善指導を行いました。

成果・効果

地域振興部に配属している中小企業診断士が、お取引先に積極的にかかわり、営業店の担当者と連携してハンズオンすることで、より精緻な改善計画の策定が可能となりました。
また、営業店においては、担当者が通常の業務では得られないノウハウを取得でき、今後お取引先を支援する上でより一層のスキルアップが期待されます。